プロラクチン、オキシトシン


乳汁分泌ホルモンの別名はプロラクチン(PRL)といいます。プロラクチンは下垂体前葉から分泌され、オキシトシンは下垂体後葉から分泌されます。オキシトシンは子宮収縮に関与するホルモンです。

プロラクチンは、乳腺の発達を促進し、妊娠中の母体の血中濃度は増加します。しかし妊娠中に乳汁の分泌が起こらないのは、妊娠中はエストロゲンやプロゲステロンというホルモンによって阻止されているためで、分娩後にはこれらのホルモンが急激に減少するためにプロラクチンの乳汁分泌作用が現れます。

オキシトシンは、子宮の筋肉を収縮させる作用があります。妊娠末期ではこの作用が強く見られます。出産後はオキシトシンによって子宮の復古が促進されます。もう一つのオキシトシンの働きは、乳腺の筋肉を収縮させて、乳汁を排出させる働き(射乳)があります。産後、新生児に母親の乳頭を口に含ませる事で、下垂体前葉からプロラクチンが、後葉からオキシトシンが分泌され、乳汁の分泌と射乳が起こるのです。授乳婦人は哺乳に際して子宮の収縮を自覚することがあるそうですね。(私は男なのでわかりませんが・・・)

プロラクチンはいろいろな原因で量が増えて高プロラクチン血症を来します。内科で時々みかけるのは、薬剤性の高プロラクチン血症です。出産もしていないのに乳汁が出る場合は、ある種の抗うつ剤や、消化管機能改善剤などによる場合があるので、かかりつけの医療機関に相談してくださいね。



もどる
ホームに戻る