黄疸
[おうだん]


黄疸(おうだん)とは血液中のビリルビンという物質が増加して、皮膚や粘膜などが黄色になる状態の事です。黄疸がでる病気にはどんな種類があるのでしょうか?

まず、黄疸を理解するためには、赤血球の代謝について知る必要があります。赤血球は寿命がきて壊れるとヘモグロビンが分解してビリルビンになります。血液中のビリルビンはタンパク質と結合して肝臓に運ばれて、処理(「抱合」されると言います)を受けて胆汁として肝臓から排出され、胆管から十二指腸に分泌されます。

普段は、適量のビリルビンが作られて、肝臓内で正常に処理(抱合)されて、肝臓から滞りなく胆管を通って十二指腸に流れていきます。ところが、その過程で異常があると黄疸が起こってきます。特殊な溶血性貧血では、普通より赤血球が早く壊れてしまって肝臓で処理しきれないビリルビンが作られる場合で肝前性黄疸と言います。

肝臓の機能障害でビリルビンが正常に処理できない場合も黄疸が発生します。急性肝炎や薬剤性肝障害、肝硬変などの場合にビリルビンが増えてきます。これを肝性黄疸といいます。肝臓でビリルビンを原料につくられた胆汁が、胆管を通って十二指腸まで運ばれる途中で滞りがあると、黄疸が起こってきます。胆石や胆道癌により胆汁の通り道が邪魔される場合などで、肝後性黄疸と言います。

カロチンを多く含んでいるみかんなどを大量に食べると手のひらが黄色くなりますが、眼球は黄色くはなりませんから黄疸と区別がつきます。いずれの黄疸にしろ、通常ではあり得ない場合なので、医療機関を受診してください。



もどる
ホームに戻る