近視と遠視
[きんしとえんし]


近視の特徴は、近くの物は良く見えるのに、遠くの物が良く見えない状態です。近くからの光はちょうど網膜上に像を結ぶのですが、遠くから来た光が網膜の手前で像を結ぶために良く見えない状態が起こります。

近視の場合は、遠くから来た光がちょうど網膜上に像を結ばせる為に、屈折を弱くする凹レンズのめがねやコンタクトレンズを使用して矯正します。

遠視の特徴は、普通に物を見る時、遠くから来た光が網膜の後ろで像を結ぶ状態です。子供では、水晶体の調節力に余裕があるので、水晶体を膨らませて調節して像を網膜上に結ばせる事ができますが、常に水晶体を膨らませるという作業が必要なので、目の疲れが起こりやすくなります。

遠視の矯正は、凸レンズを用いて屈折力を強めて、焦点を近づけます。近視も遠視も屈折の障害や眼球の奥行きの異常で発生します。


もどる
ホームに戻る