胃透視
[いとうし]


胃透視は、バリウムという牛乳のような液状の物質を飲んで、いろいろな角度からレントゲンを撮ります。バリウムを飲んだ後、発泡剤(胃の中で炭酸ガスがでる薬)を飲むことで、胃を膨らませ、コントラストをつけます。撮影中、げっぷをしないように注意されるのはそのためです。

検査の始まる前には、胃の動きを緩める薬の注射を行うことがあります。胃が動きすぎると、せっかく飲んだバリウムが腸に流れていってしまうからです。なお、緑内障や前立せん肥大、心臓病などの方には、この注射をしないことがあります。

胃の中にくぼみがあれば、バリウムが溜り、レントゲンに写ります。バリウムはさらさらしているので、通常の粘膜の凸凹と違った部分があれば、不規則な溜まり方でレントゲンに写るので、癌を発見することができるのです。

また、体をいろいろな角度に傾けるのは、飲んだバリウムをすべての胃の壁に付着させて、見落としがないようにするためです。胃透視の写真はレントゲンですので、白黒写真となります。胃の形全体がよくわかるのも特徴で、どこからどこまでが病変か比較的良くわかります。

胃の前壁の情報が少ないのが欠点です。腸の中でバリウムの水分がなくなってしまうと硬くなってしまうことがあります。特に便秘傾向の人は、次の日にバリウムの便がでることを確認する必要があります。下剤を渡されることがあるのはこのためです。

また、胃の手術をした人は通常と違う胃の形をしているので、診断が難しい場合があります。もし、胃透視で異常があれば、胃カメラでの精密検査となります。



もどる
ホームに戻る