エコノミークラス症候群
[えこのみーくらすしょうこうぐん]


最近、海外旅行や海外出張で飛行機を使う方も多いと思います。長時間のフライトの後に空港で突然倒れてしまうのがエコノミークラス症候群です。これってどんな病気なんでしょう。

エコノミークラス症候群の正体は、下肢静脈血栓症から発生する急性肺塞栓症です。長時間、大腿部よりも下の筋肉を動かさないでいると、静脈血のうっ滞が起こります。うっ滞があって何らかの要因が重なると血栓(けつえきの塊のこと)ができます。その後、歩き出したりして静脈の壁にくっついていた血栓がはがれます。血栓は心臓から肺に運ばれて肺動脈に血栓がつまって肺塞栓症になります。

肺塞栓症になると、肺に行く血液が遮断されてガス交換ができなくなってしまいます。動悸・呼吸困難・胸痛などが起こり最悪の場合は死亡する病気です。集中治療が必要な病気です。

エコノミークラスだけで起こるのではなく、ファーストクラスでも起こります。エコノミークラスのような窮屈な姿勢を長時間強いられる場合い起こるというたとえです。予防のためには、両足のマッサージや機内を歩くこと、脱水にならないように水分を補給することが必要です。どこかの航空会社では、予防運度の説明をビデオで放映しているようですよ。



もどる
ホームに戻る