[あんず]


アンズの実はジャムにしたり、干しあんずにしたり、食用として有名でね。このアンズは生薬としても用いられているのです。

漢方では、アンズの種を用います。アンズの種は杏仁(きょうにん)といいます。アンズは国内では食用として栽培されていますが、薬用とする種がうまく出来ないのでほとんどが中国から取り寄せています。

杏仁は、水分の出納を調節し、主に水を引く作用によって、咳や呼吸困難、むくみなどに効能があります。

杏仁水(きょうにんすい)は鎮咳去痰剤として薬用に用いられます。急性気管支炎に伴う咳や痰の喀出を助ける作用があります。

漢方薬の麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)は、比較的体力のある人で、咳が強く口が乾き、発熱があって、粘調で切れにくい痰を伴う症状の緩和に効果があります。


もどる
ホームに戻る