悪性腫瘍
[あくせいしゅよう]


悪性腫瘍(癌)とは大きく癌腫(がんしゅ)と肉腫(にくしゅ)に分けられます。癌腫とは上皮(じょうひ)の細胞から発生した悪性腫瘍、肉腫とは非上皮性の悪性腫瘍です。癌腫と肉腫では圧倒的に癌腫が多いのが特徴です。

上皮性とは、きわめて簡単に言うとほとんど粘膜と考えると良いと思います。上皮には腺上皮(せんじょうひ:粘液を分泌する上皮)、扁平上皮(へんぺいじょうひ:食道や気管支など)、移行上皮(いこうじょうひ:膀胱や尿管など)などです。胃癌、肺癌(肺胞上皮から発生)(注:気管支粘膜からでる扁平上皮癌もあります)、大腸癌、乳癌(乳腺上皮から発生)膀胱癌などです。

一方肉腫とは、上皮以外の組織、つまり、骨、軟骨、血管、リンパ腺、筋肉などの細胞から発生した悪性腫瘍です。骨肉腫(こつにくしゅ)、軟骨肉腫、血管肉腫、悪性リンパ腫、平滑筋肉腫などです。骨髄の中の各種細胞から発生した癌は、白血病です。

胃や大腸の外側は、しょう膜と言って、細胞成分の乏しい組織でできているため、癌化する細胞があまり無いんです。胃や大腸の癌はほとんどが粘膜側にできる癌腫であるので、これらの健診には胃カメラ、大腸カメラでokです。仮に粘膜から発生せずに、筋肉やリンパ管から発生する癌もありますが、粘膜側に盛り上がりや潰瘍などの変化が出てくる場合が多いので、胃カメラ、大腸カメラでも見つけることができます。



もどる
ホームに戻る